2007年03月09日

子供は見ている

今日はモッキーの息子と同じ3歳の子供がいるEさんの家に遊びに行ってきました。

昨日、Eさんのご主人が食事中に子供の行儀のことで注意をしたそうです。
でも子供はしら~っと無視をしたらしいのです。
その後すぐにEさんも同じことを注意したら、子供は小さな声で何か答えました。
Eさんが「何でお父さんの言うことを無視するん?」と聞いたら、
「だってお母さんのこと大好きやもんっ!」と言って泣き出したそうです。

昨日に限らずお父さんのことを無視することが時々あるもよう。
「何でなんやろう?」と首をかしげるEさん。


「例えばの話しやけど、お父さんは自分はしないのに子供には強制してて、子供からしたら<自分はしないくせに何言ってるねん>って思ってるとか?もしくはお父さんのマネをしてるんとちがう?」と答えると、

「あるかも~~~~~」とEさん。

子供がどんなに話しかけても、ご主人はまったく答えない時があるらしい。
ご主人いわく、「テレビに見入っててまったく聞こえていない。聞こえていないから、しょうがないじゃないか」

そんな理由、大人が聞いてもちょっとおかしい。
子供なら尚更わかりっこない。

「話を聞いてくれない人の話すことなんか聞きたくない」
そんな風に感じた。


話を聞いてくれる。受け止めてくれる。わかってもらえる。
ただそれだけで、救われる気がする。

親子にしろ、夫婦にしろ、友達にしろ、一方通行じゃない“対話”で信頼関係ができていくもの。
“対話”の重要性をひしひしと感じた。  


Posted by モッキー  at 02:27Comments(1)教育

2007年03月07日

アツイオモイ

私が保育園に通って、楽しかったという思い出は無い。

私が小学校に通っていた頃、学校はつまらなかった。
あと4年もある、あと3年もある、、と憂鬱になっていた頃があった。
3年生になった時、母が働き始めて更に面白くなくなった。
まだまだ学校より家がメインだったんだろう。

中学生になって、世界が変わった気がした。
少し大人になった気がした。
メインはもちろんハートハート
(勉強じゃないのは当たり前!)

楽しいことばかりでもなかった。
女の子ってコワイ。
少しでも気に入らないことあると輪を作ってみんなで無視したり、一人になるように嫌がらせしたり。
少しのことでも傷つきやすいこの多感な時期にはかなりツライ・・・
学校の教室、部活、塾、家。

でも。
自分の居場所は一つだけじゃなかったから、傷つくだけじゃなかった。
楽しいこともいっぱいあった。
夏休みなんていらないって思うぐらい。
私の中学生の頃の思い出はキラキラしてる。



今、日本では自殺や不登校、親の給食費未払い、サラリーマン教師・・・などなど教育現場でかなりの問題が起きている。

世界に目を向けると、学校にすら行けず、幼い時から働きづめの子供たちがいる。

まだまだ勉強不足の私だから説明も言葉もうまく使えない。

ただ、このままじゃいけない!なんとかしなくちゃいけない!っていう想いがある。
私一人の力じゃ何も出来ないけど、こうして教育に関することを少しでもここに記していって、少しでも良い方向に近づきたい。

教育ブログといっても、まだまだ自分を教育しなくちゃなりませんパーンチ
ここはそのために、勉強したこと、感じたことをかいていこうかと思います。




j  


Posted by モッキー  at 22:19Comments(6)myself