2007年05月29日

思春期に悩む・・・

最近、パソコンなんて全く縁のなかったダンナちゃんが、小指を立ててたどたどしくキーボードをうっています。
しかも我が家のパソコン、3月末からものすごく調子が悪く、重たくなってしまっていて、イライラしながら使っている模様・・・

ダンナちゃんもパソコンを使わざるを得ない状況になりました。
そんなわけで、私が使える時間が限られてきて、なかなか更新することができませんでした。
(↑いいわけ)


さてさて、中学生に勉強を教えているモッキーですが、最近は中間考査があったので詰めて詰めての授業でした。

私は勉強だけ教えるのではなくて、一対一の関係、つまりコミュニケーションを大事にしようというのがモットーです。
宿題ひとつするのだって信頼関係も必要です。
信頼関係は対話からつくられていくものだし、それにはまず相手の話を聞くことが大事だと思います。

私と生徒の年齢差がだんだん離れていき(←悲しい)、当然考えることも全然違ってきます。
何を考えてるんだろう?と思うこともあります。
でもそれって、思春期の頃の自分を覚えているようで忘れてるんでしょうね・・・
もう少し相手のことをわかりたい、と思います。

そこで今回手に取った本は、、、


10代からの子育てハッピーアドバイス



とてもわかりやすく書かれてあり、とても参考になりました。
10代の頃の自分と重なるところがあり、涙した箇所もありました。
「そうだよ~ そうなんだよ~」って。
とても傷つきやすい10代・・・
話を聞いてもらえる、わかってもらえる、、、そんな事がとても大切なんですよね。
当時の私の親に読んでもらいたい、と思ったのがホンネです。

私のオチビはまだ3歳と1歳なので、親としてはこの本は早いかも?と思いましたが、全然そんなことはありませんでした。
このシリーズは、例えがマンガで書かれてあり大変わかりやすいです♪
第二弾、第三弾を読んでいないから、また読もうっとパーンチ



第一弾

子育てハッピーアドバイス


第二弾

子育てハッピーアドバイス(2)


第三弾

子育てハッピーアドバイス(3)
  


Posted by モッキー  at 13:06Comments(0)BOOK

2007年05月21日

我が家のオムライス




コレ、なんだかわかります??

モッキーが作ったオムライスです。
携帯で写真を撮ると、どうもいつもうまく行かない・・・



モッキー家のオムライスは基本的にはホウレンソウのオムライスです。
ケチャップの味付けだととても太りそうだし、子供たちにも良くないかなぁっと思って、ホウレンソウとウインナーとご飯を炒めただけのものです。

玉子の上にはデミグラスソースを少しかけますが。
(コレの方が濃いかしら???)

今回はデミソースの変わりに豚キムチのあんかけにしてみました。
もちろん大人用ですけど。

ホウレンソウのオムライスに豚キムチのあんかけ・・・
この組み合わせは一体・・・と思いながら食べたんですけど、結構いけましたgood

超簡単なんでモッキーの手抜き料理のひとつです♪
手抜きでよく作るので、おかげさまでトロトロふわふわの卵カバーを作ることが出来るようになってしまいましたチョキ
ただし、くるむことができない。


さて今日の夜は何にしよう???  


Posted by モッキー  at 10:44Comments(0)手抜き料理

2007年05月19日

平成19年度 家庭教養講座

本年度の家庭教養講座の申し込みに行ってきました。

家庭教養講座
姫路市民を対象に、教養を広げ、生きがいや夢づくりを考える機会として、各界で活躍されている素晴らしい講師をお招きする講演会

    問い合わせ先  姫路市教育委員会生涯学習課振興係  ℡ 079-221-2784

今年は私にとっては興味深い講師の方ばかりです。

著名な方たちの五回の講座で3000円。
これって安くないですか???

料理の鉄人でも知られている服部幸應先生や 「佐賀のがばいばあちゃん」で有名な島田洋七さんらが来られます。

締切日が18日で、最後の最後まで申し込むかどうか悩みました。
内容を考慮すると3000円って安いけれど、されど3000円。
ギリギリの生活費をさらに減らさなければなりません。


去年も参加して私が感銘を受けた事を知っているダンナちゃんは、
「行って来い。自分の向上のためなら3000円なんて安いもんや。俺の弁当代3回分やから、弁当作るんをさぼらんかったらええだけのことや」
と言ってくれました。
(弁当をつくらなければ1000円渡すことになっているモッキー家)

おこづかいも大して渡せていないのに、私に行けと言ってくれるダンナちゃんに心から感謝しました。
そのためにも、耳の穴をかっぽじって、しっかり勉強させてもらおうと思い申し込んできました。

販売期間は過ぎてしまったけれど、まだ空きはあるみたいです。
ご興味のある方はお早めにどうぞ♪



そうそう、ちょっと関係ないんだけど、今回講師で来られる島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」。
図書館で予約申し込みしたら「97番目の予約になります。」と言われた。
ちなみに予約したのは二ヶ月ほど前。
いつ私の手元に来るのだろう???



佐賀のがばいばあちゃん



  


Posted by モッキー  at 10:42Comments(2)myself

2007年05月19日

!!!ランチ!!!

17日にか~な~り久久にハートランチハートに行ってきました。
高校時代の女友達3人で。

今までオチビがいたのでゆっくりランチなんてなかなか出来なかったので、気分はもう開放的♪
(オチビたち、カーチャンを許しておくれ。ほんっとたまにだからさ・・・)
でも、ちょっと悩んだことがひとつ・・・

何を着ていこう???

そうなんです。子供を産んでからと言うもの、身だしなみのものにお金をほとんどかけられなくなってしまい、私の服なんて数えるぐらいしかありません。
(太ってしまい買うのもツライという事情もありますが)

今まではどこに出かけるのもオチビたちが一緒で動きやすいシンプルな格好ばかりでした。
ところがっ!
オチビたちを連れていなければこのスタイルは普段着で出かけているそのへんのオバチャンにしか見えないオドロキ

今まではオチビたちが私のファッション?の盾になってくれてたんだと実感しました▼

これからは一人で動くことが多いので、頑張ってダイエットして、やりくりして服も買わなくちゃ!
女を捨ててしまったらダメだよねぇ・・・


前おきが長くなってしまった。
さて本題のランチは 「家庭創作料理masa」 http://www.masa-katei-sousaku.jp/index.html   に行ってきました。

てんこもりでも有名な、ど根性作家みやざきあゆみさんのブログに紹介されていたお店です。

無農薬の野菜とお米を使った体に優しいお店でした。
食後にはコーヒー、紅茶、ハーブティーのいすれかを選ぶことが出来て、800円!!!
少しずついろんなものが盛ってあり、特にお米なんて「これだけで食べれる!」というぐらいの味♪
それでこのお値段は安いっ!!!
写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていたので画像を載せることができないのが残念です。なき


次のランチはいつになるかな~?





   


Posted by モッキー  at 10:14Comments(4)SHOP

2007年05月15日

我が家にタケノコが?!





ピントがあっていないけれど、これがなんだかおわかりでしょうか???
しかも横向きになっているし・・・

タケノコ、竹の子です!!!
真ん中にちょんと生えてるやつです。
(ちなみに我が家の竹は黒竹なので両サイドの竹は黒いのです)

この春、ポコポコと竹の子が出てきました。
去年の春は出なかったことを思うと、ようやく根が張ったみたいです。

竹の根が張っていいのか?

竹ってすごく強くていろんなところに生えるから大変だと聞いたことがあるのだけれど・・・
まぁその時はその時だ。


外構工事をする時、植える木は私の中でずっと前から“黒竹”と決まっていた。
生命力のある強い竹を家に欲しくて、なおかつ黒だとオサレかも・・・という単純なものだったけど(笑)

もともと緑色で、2,3年すると黒くなるらしい。
(あっ!葉は緑です)

この写真、実はGWあたりの写真。
今はものすごく伸びました。
10日もあれば、私の身長を優に超えてしまいました。
竹ってこんなに成長が早いもん???
かなりビックリです。

毎日ダンナちゃんとムスコがスケールで竹の高さを測っていたのですが、一日で10センチぐらい伸びたりしてます・・・

恐るべし竹オドロキ

竹のようにまっすぐ強く、バイタリティあふれる家(家族)になりたいと思って植えている我が家の黒竹。まだまだ成長が楽しみです♪  


Posted by モッキー  at 11:25Comments(1)

2007年05月08日

イジメについて

<表現力が乏しいため、気分を害される記述があるかもしれません。その時はご了承ください。>


少し前、ダンナと“イジメ”について話をしました。



ダンナ : 「いじめられる方にもそれなりにいじめられる原因がある」

モッキー: 「いじめられる側は100%悪くない」


意見が分かれました。
みなさんはどっちだと思います??


モッキーは以前はダンナと同じ意見でした。
でも、ある言葉を聞いてから、「いじめられる側は全然悪くない!」と思うようになりました。




その言葉は、
「いじめる原因があれば、人をいじめていいのか?」

「いじめられる側にも原因がる」と言っているうちはいじめなんてなくなりません!
そんなふうに言うのはイジメの放置、イジメはなくならないという諦めだと思います。


いじめられる原因ってほんとに些細なことが発端だったりする。
小学生の頃だと、あだ名からだったり、鼻が大きいとか身体の一部だったり、大人が思いもしないことから始まり、それにすごく傷ついたりする子もいる。そこから自信を失ったり、人と話すことが怖くなったり、登校拒否になったりいろいろある。


中学生ぐらいになると「アイツちょっと気に入らない、ムカつく」など自分に不都合なことがあると、周りを引き連れて無視したり、嫌がらせをしたりする。こんなことをされると、多感な思春期には相当ツライものがある。



気に入らなければ本人に直接話して解決の糸口を探すとか出来ないものだろうか?
それでも嫌な奴はいるだろうけど、それならば周りを引き連れることなく、自分が距離をおくなど出来ないものだろうか?


それが出来ないからイジメというものが存在するんだろうな・・・
結局、子供じゃなくてガキなんだろう。
わざわざいじめる必要性なんてないと私は思う。


モッキーは仕事柄、現役の中学生と10年ぐらい接しています。
最近聞いた話では、女子の中で気に入らない子がいると、男子に「あの子イジメてよ」と依頼したりするそうです。男子はそれを平気で引き受けて「面白い」と言っているそうです。


面白い?


人をいじめて面白い?


私はここに恐怖、危機感を感じます。
人をいじめておもしろいという感情を持つ子供が、そのまま育ち社会に出たらどうなるんだろうと思います。人をいじめることでストレス発散のような憂さ晴らしをしている気もします。これが助長されると自分の都合で人に危害を加える犯罪につながる可能性が大いにあると考えます。

どうしてそんな感情を持つようになったのか?
イジメの対処法も大事だけど、そのような感情をどうして持つのか、そしてそれへの対処法も必要だとすごく思います。





自分の都合で人をいじめて、人の痛みを感じることができない、思いやれない、そんな子供たちこそ可哀相なのかもしれません。
そんな子供に育ってしまった教育は絶対見直すべきだと思う。

家庭教育に問題がある。
学校教育に問題がある。

いろんな意見があると思うけど、私が中学生と接して思うには、家庭教育に問題があるのではないかということです。


学校の先生にはいい先生も悪い先生もいる。
先生に大人の嫌な部分を垣間見ることだって多々あるだろうと思う。




でも、幼い頃から愛情を受け「自分の居場所はここにある」と感じることの出来る家族がいれば、どんなに嫌な先生がいたって、関係ないと思う。




今は先生がイジメを誘発したり、イジメを放置したりという問題もある。
私の知らないこともたくさんあるから、なかなか意見をまとめることは難しいけど、これだけは正しいと思う。


「いじめられる側は100%悪くない」


言いたいことがまとまってなくて、すみません。。。

モッキー、まだまだ勉強不足です。



可能性が未来いっぱいに広がる子供たちを私は応援したい。



  


Posted by モッキー  at 22:23Comments(2)教育

2007年05月08日

イチゴちゃん、もう少し!!!












一株だけ植えていた我が家のイチゴちゃんです。
確かこの苗、600円ぐらいしたような・・・

普通に600円だして買ったらそこそこのイチゴが食べられたんだろうけど・・・(笑)
しかも、あまり大きくならなかった。


でもでも、花が咲いてその後に小さな小さな実が出来て、徐々に赤くなって大きくなっていくのをオチビ二人と一緒に毎日見るのは幸せなことです♪
保育所に行く前に、イチゴちゃんに「行ってきまぁすっ!ばいばい~っ」と声をかけてから出るのが日課です。



今日は虫が食べ始めたので、数少ないイチゴちゃんの収穫をしました。


甘かったハートハートハート

ムスコは3歳なので青いイチゴはまだ収穫したらダメという事がわかってるみたいだけど、一歳のムスメはそんな事つゆ知らず・・・

おいしかったみたいで、青いのをとろうとして目を光らせていた・・・



今年は庭にイエローピーマン、紫ピーマン(これはムスコの希望)、アスパラガス、ミニトマト、バジルを植えてみました。
楽しみだぁ♪  


Posted by モッキー  at 21:15Comments(0)育児

2007年05月03日

人が少ない大塩海岸

大塩海岸へ行ってきました。

本当は福泊の海岸に行きたかったんでけど、ものすごい人でしたオドロキ
駐車場に車が入りきらず、道の両サイドにずら~っと停めてありました。
対向車来たらかわせないやんか~と思いながら即出ました。
こんなに人が来ているのは初めてみました。
普段はガランとしているのにねぇ。。。

大塩海岸は全然すいていました♪
オチビ二人は砂浜を歩き回っていました。


そしてこの一枚!




オッサン三人で海を見てます。
(いや、一人はかわいい女の子のはず・・・でも、どうみても後姿は・・・)


モッキーは人ごみが苦手です。
流行の場所や紹介された場所はブームが過ぎてから行ったり、子供のイベントショーなんてまったく行きません。

オチビ二人にはかわいそうですが、その分もっと自然と触れ合えるゆっくりとした時空間のところへ連れて行ってあげたいと思ってます。


モッキーのダンナちゃんも人ごみが嫌いでイライラするタイプです。
ダンナちゃん曰く、

「次の休みは福地渓谷に行って豆腐を買って七厘で焼いて食べよか~」

豆腐を買いにガソリン焚いて、豆腐を焼くために炭熾して、一体豆腐のためにどれだけの労力とお金をかける気なのか?!


でも、その豆腐オイシイんです。。。ハイハート  


Posted by モッキー  at 23:10Comments(2)育児

2007年05月03日

癒しの石

今日はなかなか出会えないものに出会いました。
石器ギャラリーに行ってきたのです。

その名も、  “石ころRi”  http://www.ishikoro-ri.jp
(リンクの貼り方がわからない・・・)

高砂市で採掘されている宝殿石を使って、お皿やカップ、ランプ、時計、花瓶などが展示されていました。

手にとって見ると、、、なんともいえないなめらかさ!!!
か~な~りっ!気持ちイイのぉハート

ほんとに滑らかでいつまでも触っていたい感触でした。

お店のオーナーも地元のオバチャンって感じで、とっても話しやすくていろいろと教えてくれました。
石で作ったこの食器は「食器」と書かずに「触器」と書きたい、とおっしゃっていました。
ナットク!

高砂市阿弥陀町にあるこのお店、ご興味のある方は是非行ってみてください♪  


Posted by モッキー  at 22:15Comments(4)SHOP

2007年05月01日

タンコブス物語

「ママ~ お口の中にタンコブスできた!痛いっ!」
と泣く3歳の息子。



たんこぶす?


口内炎のことです。
以前に頭を打って「タンコブできてもたなぁ」と私が言ったことから、息子の中では痛くて異物のもの“タンコブス”のよう。

でもなぜタンコブにスをつける?!

舌に大きな口内炎が出来てかなり痛そう。
食べては泣く、食べては泣くを繰り返していた。
(おやつを食べる時は平気な感じもするが・・・)


昨日は掌に水泡、足とおしりに湿疹が出て、鼻血も出し、夜中には熱を出し、パンツの中ではおしっこを出した。(最後はあまり関係ないものだが)

出しっぱなしだオドロキ


手足口病かな~?と思って今日病院に連れて行った。
息子は大の病院嫌い。

それなのに湿疹の出たお尻を見せなければならないという屈辱!
病院の先生に向かって、

「もう大丈夫やっ!!!治ったわっ!!!」

と叫んでいた。
先生、スミマセン。。。ガーン


結果、大したことないらしい。
口内炎の軟膏をもらったけど、やっぱりムリだった。

私も疲れたりするとすぐに口内炎が出るタイプだからわかるんだけど、軟膏を口に中に塗るのってキモチワルイ!

子供なんて尚更や~

一応つけてみたけど、案の定、気持ち悪がって何度も何度もうがいをしていた。

口内炎をすぐに治す方法誰か教えてください!!!



  


Posted by モッキー  at 21:29Comments(2)育児